鹿児島発世界へ向けて、よりよい生き方を専門的にサポートする研究所。

個人コーチングを受ける

ワントゥワンコーチングであなたが目標を明確にし達成することを支援します

ワントゥワンコーチング

あなたの持っている能力や強み、才能をコーチングを駆使して引き出し磨き上げ、目標やテーマに向かって効果的に行動を起こしていけるように、電話または面談にて、1対1でコーチングをします。

ワントゥワンコーチングのテーマ

下記のほか目標を明確にしたいなど、目標探しのためのコーチングなどその方に応じたテーマもお受けしてします。

仕事
ライフプラン
効果的な会議運営・部下育成・業績アップ ・タイムマネジメント・リーダーシップ力の向上・業務の効率化・新規事業の立ち上げ・営業力アップ など
なりたい自分になる・自分らしく輝く・起業、独立・昇進・収入増・転職・個性、強みを磨く など
生活
対人関係
生活習慣改善・ストレスコントロール・健康増進・タイムマネジメント・スケジュール管理・整理整頓 など
相手のやる気を引き出す・子育て・職場内コミュニケーション・夫婦コミュニケーションの改善・顧客の心を掴む など

ワントゥワンコーチングの形式

あなたが目標を明確にし達成することを支援します。
大きな目標で、実現した時に自分が報われるような私生活と仕事の両方について、あなたの置かれている現状、テーマなどを聞かせていただきながら戦略ととるべき行動を考えるお手伝いをします。

  • 電話もしくは面談にて実施
    • セッションの間はメールや電話などで連絡を取り合うこともあります。
    • 電話料はご負担いただきます。
  • セッション時間 50分
  • セッションの頻度 2週間に一回
  • 最短契約期間 3ヶ月〜

料金

形式・内容によってご相談させていただきます。お問い合せください。

ワントゥワンコーチングのメリット

  • 決まったペースで継続的にコーチングが行われることで、モチベーションが維持され、目標達成が早くなります。
  • 自分の目標と現状に対して客観的に見ることができるようになるため、必要な知識、能力、行動について冷静に判断できるようになります。
  • 考える時間が短くなり、行動を起こす量が増えてきます。
  • 短所を克服するより長所をいかに最大限に発揮していくかに焦点を当てていくので、自分の能力や強みを理解し、それを生かした行動が生まれます。
クライアントの声

30代女性医師

Q1.コーチングを受けようと思った動機は何だったのですか?
 私の当時の大きなテーマが「子育てと仕事の両立(生活の充実化)」でした。具体的に言うと、子どもに対してより愛情を持って接したいと思っていましたし、家事の効率化も図りたいと思っていました。特に掃除、整理整頓は私にとって必須項目でした。
 また、仕事においては4ヵ月後の病院開院に向けての準備と理想の現実化で、そのためには周囲の人々の協力を得やすくなることが課題でした。
 さらに、上司との人間関係に悩むところもあったので、この問題を解決するためにもっと自分の考え方や心の持ち方をはっきりさせ、いちいちストレスを感じないようにしたいと思っていました。
 そんな中、子育てと仕事の両面のサポートがしてもらえるかもと思い佐々木コーチにコーチングをお願いし2005年2月よりセッションをスタートしました。
Q2.受けてみてどうでしたか?
結論から言うと
 さまざまな課題や問題に対して、また自分自身についていつも客観的に見られるようになり、その結果自分はどうしたいのかいつも明確になっていくので、いつでも納得のいく決断ができ、周りに振り回されない、ぶれない自分を作ることができました。そしてテーマであった「仕事と家庭の両立」が完全に軌道に乗ることに成功しました。

 2005年頃の私は、職場のすべての行事には参加するのが当然であり、上司の命令にもすべて従うのが当たりまえだと思い込んでおり、その結果深夜帰宅もしばしばで子供の情緒不安定などさまざまな問題が起きていました。そこで改めて自分にとって何が一番大切か?どうしたいのかを繰りかえし聞かれることで自分の考えが整理でき「自分の判断基準で動く」という転換ができるようになりました。

 2006年頃には、だんだんと自分自身で道を切り開いていくということに対して、自分で決断し、行動を起こしていきました。それまでは仕事オンリィだったのが、健康、メンタルヘルス、リラグゼーション、趣味などのライフバランスを整えることにも意識を向け始め取り組んでいきました。

 2007年春からは、転職し、大学院に行きき始めたことと、子供の療育に力を入れたかったので、より、効率よく、病院の仕事をこなすことを意識しました。時間の使い方、勉強の仕方などのビジネス本を読んで参考にしたり、コーチングで考え方を整理することで、日常業務の仕組み化に成功しました。勉強時間も確保できるようになり、コンサルタントの資格を取ったり、ペアレントトレーニングの講座に参加したり、と充実した日が送れるようになり、生活の質も上がりました。長期目標、中期目標を立てていくことで、日々のやるべきこと、力を抜くところがはっきりしてきて、より明確な夢を描けるようになりました。
 また、改めて効率化仕組み化できるのは自分の強みだということにも気づきました。

 2008年以降はさらに自分自身の土台を強化しながら、自分自身の夢実現に向けて進めています。課題がでてきたとしても、毎週のコーチングセッションで、自分を振り返り、自分の考えを整理し、どう進むかを決められるのでマイナスエネルギーに長くひっぱられることがなくなってきました。
 コーチをつけて自分を知るということはとても大切だと思いました。自分で自分のよさはなかなか分かりません。客観的に見て応援してくれるコーチのおかげで、自分自身の強みや、自分が大切にしていること(価値観)、自分にとって何があると安定するのか(ニーズ)など一つひとつ紐解き明確にしていくことができました。
Q3 今後の抱負を聞かせてください。
今後は、生活習慣の改善と病院運営の向上をライフワークとして取り組みたいと考えています。
具体的には、コーチングの手法も取り入れ、個人の健康管理についてアドバイスしたり、生活習慣病の改善の指導をしていくことです。
また、病院は大きな組織で、多職種が混在しています。売上は、医療保険で一定ですので、効率化が病院経営を左右します。しかし、質の維持も必須であることは間違いありません。病院の経営のコンサルティングを医師の視点を生かしながら行っていきたいと考えています。